いわずとしれた大名盤。68年にリリースされたアトランティックでの3作目。その後の女性R&B歌手に与えた影響ははかりしれない。マッスル・ショールズとメンフィス・アメリカン・スタジオの名人たちのバック・アップの技の数々もお聴きのがしなく。「CDジャーナル」

アレサ・フランクリンが1967年に発表した、アトランティックでの3作目アルバム。ジョー・サウスのトレモロ・ギターが印象的な「チェイン・オブ・フールズ」、ゴフィン&キング作の感動的なバラード「ナチュラル・ウーマン」、跳ねるようなビートに乗った「愛する貴方を失くして」と重要作が目白押し。エリック・クラプトンがギター・ソロを聴かせる「グッド・トゥ・ミー」も収録。 (C)RS

 ・ Lady Soul / Aretha Franklin / amazon

 ・ レディ・ソウル +4 / Aretha Franklin / amazon MP3

 ・ Google Play Music : Aretha Franklin : Lady Soul (1968) / レディ・ソウル

 ・ Spotify : Aretha Franklin : Lady Soul (1968) / レディ・ソウル

ATLANTIC R&B BEST COLLECTION 1000 (完全生産限定)
豪快なリズム・ナンバーから計り知れないスケールをもったバラードまで、女王アレサの真の実力があらわに!

R&Bアルバム・チャート1位を記録したアトランティックでの3作目。ジョー・サウスのトレモロ・ギターが印象的なリズム・ナンバー〈チェイン・オブ・フールズ〉(R&Bチャート1位)、ゴフィン&キング作の感動的なバラード〈ナチュラル・ウーマン〉(同2位)、跳ねるようなビートに乗った〈愛する貴方を失くして〉(同1位)と重要作が目白押し。〈グッド・トゥ・ミー〉ではエリック・クラプトンがギター・ソロを聴かせる。

●2013年デジタル・リマスタリング
●解説・歌詞付
●1967年作品

Despite the presence of the sweetened (and great) single “A Natural Woman,” Aretha Franklin’s third Atlantic album is even more elegantly gritty than its two predecessors. She finds liberation in James Brown’s “Money Won’t Change You” and a revved-up take on Ray Charles’s “Come Back Baby” much as she had in “Respect” and “Think” earlier, while Eric Clapton’s guitar on “Good to Me As I Am to You” stings as much as her rueful, resigned delivery. –Rickey Wright.