ライノがこの『Amazing Grace』を再リリースしてくれたのは、マーケティングというより愛のなせるわざというべきだろう。音質がより厚みを増し、クリアになっているし、何よりも2日間にわたり教会で行われたセッションが収録されているのだ。というわけで、教会録音(とりわけジェイムズ・クリーヴランドの名調子)がはるかに増えたと同時に、ジョージ・ハリソンの「My Sweet Lord」のクールなオルガン演奏に代表される現代性もぐっと増した内容となっている。
もともと1972年に2枚組LPで出た『Amazing Grace』は、発表と同時にビルボードのトップ10入りを果たし、古今のもっとも売れたゴスペル・レコードのひとつに仲間入りした。主な録音は、バプティスト派の大きな教会で、信者席に熱烈なオーディエンスを迎え、大編成のファンキーなバンドとサザン・カリフォルニア・コミュニティ・クワイア(ディレクションはフランクリンの先輩格であるクリーヴランド)を従えて行われた。フランクリンの歌声は装飾的できわめて表情豊かでありながら、純粋で抑制が効いており、まるで聖霊と交信しているかのよう。フランクリンの父であり、偉大な牧師であるC.L.フランクリンが誇らしそうな様子でチラリと登場し、「娘は1度も教会を離れたことがないんだ!」ともらすだけのことはある。ハイライトとしては、美しい「Wholy Holy」、11分間に及ぶ、心臓が止まりそうなほど素晴らしい「Amazing Grac」、アイネズ・アンドリュースの感動的な「Mary, Don’t You Weep」がある。どこまでもルーツに回帰した本作は、かつてないほど力強いフランクリンの歌唱を示しており、ゴスペル魂を揺さぶる内容となっている。(Mike McGonigal, Amazon.com)

 ・ Amazing Grace: The Complete Recordings / Aretha Franklin / Amazon MP3

 ・ Google Play Music : Aretha Franklin : Amazing Grace(1972) / 至上の愛

 ・ Spotify : Aretha Franklin : Amazing Grace(1972) / 至上の愛